健康の大切さとか

Pocket

昨年11月から体調が崩れており、なかなか回復の兆しが見えません。

良くある言葉ではありますが、「失ってからわかる健康の大切さ」「体が資本」など

最近は特にこの言葉が身に染みてきました(´・ω・`)

皆様も、是非健康にはお気をつけて。

 


 

 

以前から、体のだるさや頭の重さが多々見受けられていたのですが、
2014年の11月に色々と体の違和感が大きくなり、近くの病院でレントゲン、CT、MRI、血液検査などを
やっていただきましたが、特に異常は無し。
受信後、咳がひたすら出始めたため、再受診で「マイコプラズマ肺炎」の診断。
これがまた、子供が多くかかるような病気らしいのですが、中々長引きまして、完治の診断は今年の1月入ってからに。

今年に入ってからは、以下の症状が毎日出ており、もう少し大きい病院の内科で受診しましたが
現状、検査項目に大きな異常はありませんでした。(白血球と炎症反応が基準より若干高めなぐらい)

・去年から引き続き、微熱(37.1℃~37.6℃)がある日が多い(平熱は36.8℃前後)

・去年から引き続き、緊張型頭痛と思われる頭痛

・逆流性食道炎と思われる吐き気、嘔吐、食欲不振

・酷い倦怠感、眩暈

検査しても数値が出ない為、病名も現在特にこれといったことは言われていないので、
不定愁訴ってやつなのかもしれません。(まぁ、ネットで調べると確かにそれっぽい)

お医者さんも判断に困ってるというか、ストレスが原因ではないかとしか言われず、
どうやったら治るのかっていう具体的な説明をいただくことが出来ない感じでした(´・ω・`)

今週また別の科を受診してくる予定ですが、もうそろそろ5か月が経過することや、
有給も使い果たして欠勤になってることもあり、不安が拭えない感じですね。

でも、年始に熱田神宮で引いたおみくじには、
病気「気を強く持てば安心」とありましたので、なんとか前向きに気持ちを持っていきたいところです。

今健康な方も、体の不調は早め早めに病院行って治してもらって、健康に留意していただけたらと。
いつまでもあると思うな親と金+健康ってことで。

それにしても、SHIROBAKOが面白すぎて来週で終わりっていうのも辛いですね(´;ω;`)

コメントを残す