【AE】AfterEffectsにおける火・炎表現とかについて

Pocket

AfterEffectsを使い始たら、誰しもが一度はやってみるであろう
火とか炎のエフェクト制作について。

AEの基本エフェクトの万能なフラクタルノイズ(タービュレントノイズ)とか
TrapcodeのMir、Form、Particular など、火とか炎で比較的
よく使用されているものを使って、簡単にですがエフェクトを作成。動画にしてみました。

動画作成用に作成したAEPは下記にありますので、参考までにどうぞ。
(CS6以降対応)

それぞれ、どのエフェクトを使っても面白い火・炎が作成できますが、
個人的に最近のお勧めはMirな感じです。

何故かというと、とにかくFormより軽いし扱いやすい。(弄りやすい、適当にいじってもそれっぽくなる
OBJはまぁ読めないけれど、確かMir2のβで色々やってたのでアップグレードではいけるかも。

Particularのアニメ調の炎はこちらの有名なチュートリアルを参考にさせていただきました。
しかし、1時間程度でどうにかなるもんじゃないですね・・・さすがに。
炎のちぎれ具合とか、グローとかの調整がかなり必要そうです。

アニメ調のエフェクト作成を最近どうにかAEでやれないかなと考えてはいるのですが、
絵心も無いせいもあって中々道のりは険しい(´・ω・`)

炎と雷系エフェクトのアニメ調をやれれば色々捗りそうなのですが、
でも最終的には手で描けるようになればいいじゃんとかなりそうなので、そうなる前にもうちょっと色々考えよう。

ちなみに、超リアルな炎作成についてはAEだとなかなか難しいので、
3D系のソフトでのシミュレーションでの作成(Fumeとか)が必要かなと思います。
(今だと、Blenderとかでも出来るんでしたっけ?)
後は、たき火とかを撮影してくる・・・か。VideocopilotのAction Essentials2買うとか。

難しい(;´・ω・)

 

AEP

コメントを残す