【雑記】最近読んで面白かった漫画など

Pocket

最近読んでいて特に面白かった漫画のちょっとした感想など。

ここ半年も色々と漫画本を読んでいたのですが、特にこれは紹介しておきたいと思ったものをいくつか。

 

書店で新規のマンガ本を開拓する際は、表紙が好みに合うか、興味を惹かれるか・・・という感じで購入することが多いのですが
このノーガンズライフに関しても、表紙に惹かれて購入しました。
上の画像見てもらえればわかるのですが、主人公の頭が銃になっています。インパクト大ですね。
以下あらすじ

オレの名は乾十三。あの大戦を経て、「拡張者」と呼ばれる身体機能拡張処理を施した者達が溢れるこの街で、
オレは拡張者達に関する問題を「処理」する稼業を生業にしている――。
頭が銃の拡張者・十三の事務所を訪れた男。誘拐犯として警備局に追われるその男からさらった子供の保護を依頼された十三は?
硝煙が漂い銃口が語るSFハードボイルド開幕!!

ハードボイルドでアクション、多少のコミカル要素もあり。
個人的には、アニメ化したら更に良い感じになりそうな作品なので、是非アニメ化してほしいなぁ・・・と。
現在3巻まで発売してます。

元々はWEBで連載されていたマンガらしい・・・です?
これも表紙に誘われて購入した感じですが、1巻の表紙のオビに「私を狙撃手にしてください」・・・で題材が戦争ときたら、
これは読んでみないとって感じで試しに買ってたところ・・・読み始めたら続きが気になってしまって、結局現在出てる5巻まで全部買ってしまいました(`・ω・´)

以下あらすじ

内乱が続くアリストリア島。島で武器商を営むウォルドロン夫妻は、軍から銃の大量発注を受けるが、
それは反乱軍と裏で繋がっていたグレゴリオ島軍大佐の罠だった。
目の前で夫を殺され、娘を奪われ、自身も左目を潰されたソフィアは、唯一残された形見の狙撃銃を手に、復讐を決意する——。

表紙と中のマンガでは絵柄の印象が若干違ったりとか話の進みが若干遅いかな?と感じることはありましたが、まぁ、些細なところでしょうか。
話自体は結構真面目な戦争もので、戦時中の中々悲惨な感じが出てます。作戦開始の時などに、マップで作戦概要に関してわかりやすく
説明してくれているのも戦況が理解しやすく○です。

ちょっと思ったのは、この漫画をゲームとかにすれば、かなり面白くなりそうな気が。(戦場のヴァルキュリアのシステムとかで)

5巻まででダシア市での戦い→第三穀倉地域接収作戦→カゲリザカの戦い(これはまだ途中)まで進んでおり、5月に6巻が出るっぽいので楽しみです。

 

上の2作品が結構真面目系だったので、ちょっと方向性を変えてこの作品を。
ギャグが8割、シリアス2割(2割もあるかどうか?)って感じですが、ファンタジーかつほのぼのした作品です。

念願のマイホームを構え、早期退職した元・帝国騎士隊長アストラ(35歳)。
引越し初日に彼の家に迷い込んできた魔法少女ノア(8歳)。
歳の差コンビのドタバタアットホームファンタジー、始まります。

内容はほのぼのした感じで、まったり読み進められ、しかもカラーのイラストが非常に綺麗です。
ただし、本連載時はカラーだったページがマンガ本の中では白黒になっていたりするため、
黒ベタかってくらい見にくかったり、よくわからないページが有るのが残念でした。
そこら辺を考慮?したのか、3巻ではフルカラー小冊子が付く限定版が発売されました。
綺麗なカラーイラストや、1,2巻でよく見えなかったモノクロカラーページがちゃんと色付きで
見られるのは嬉しかったです・・・が、普通にカラーなところはカラーで載せておいて欲しい感じです。

話自体は面白いのでおすすめしておきます。

 

自分のブログでも時々話題に出していた、伊藤計劃氏のハーモニーのコミカライズ。
映画で補完しきれていなかったストーリー部分なり過去なり、個々の心象などが補われているのはもちろんのこと、
特にキャラデザというか絵柄が個人的に特に凄く良いです。

ハーモニーを知る上で最初に手を取るのにも相応しい作品だと思います。ので、是非読みましょう(`・ω・´)シ

 


とりあえず、今回の紹介は上記作品だけですが、面白い作品なのでよかったら読んでみてください。

最近読んだ中だと、他には有名ドコロばっかりですが
くまみこ、だがしかし、魔法使いの嫁、ダンジョン飯、オタクに恋は難しいなどなどを読んでました。

あんまり、マンガばっかり買っちゃうとかさばってしまって置き場所がないのが悩みどころなのですが、
かといって電子書籍は苦手なので難しい所・・・次もまた本屋で衝動買いしちゃうんでしょうけども

しかし、マンガ読むのも面白いんですが、そろそろ、動画も作っていかないとですね。なんとか(´・ω:;.:…

コメントを残す